Just another WordPress site

自分で行う方法

会社設立は自分で行う方法も在ります

会社設立を行う場合、設立を行う人が会社設立代行を手掛ける会社に依頼をして、設立登記を行うケースが多く在ります。
会社設立と言うのは、会社の基本的ルールや会社の憲法と言われている定款を定める事がスタートになるもので、定款で定めた事項については、会社を運営する中で効力を持たせることが出来るため、最初にしっかりと定めて起きたい書類でもあり、定款をどのようにして定めて行けば良いのか、定めるべき事項はどのような事で、どういった事を定款で規定を作れば後の効力に有効となるのかと言ったアドバイスを受ける事が出来ます。

それ故に、会社設立代行を手掛ける会社に依頼をして、定款に関するアドバイスを受けたり、定款認証を受けるための公証人役場での手続き並びに認証、設立登記を行う法務局の登記所での登録免許税の納税や申請業務、会社の実印の登録など、設立に係る全ての作業を代行してくれるため、自分は設立後の会社の準備を進める事が出来るなどのメリットが在ります。

因みに、会社の社名や事業内容と言うのは、現在の法律では緩和が行われているため、類似商号調査と言った作業が不要になっています。
類似商号と言うのは、同じ管轄になる登記所で登記を行う会社は、同じ社名や類似している社名、そして同じような事業目的を持つ会社が存在してはならないと言った法律によるもので、現在では類似商号調査は行う必要が在りませんが、同一管轄内で同じ名前の会社が在ると後々のトラブルが起きるケースが在るため、定款に定める前に商号の調査を行っておくのが良いと言われています。

代行会社に依頼をせずに、自分で行う方法も在りますが、類似商号の確認などをする場合は、法務局内で登録済の会社を調べて、これから自分が設立を行う会社の社名と似たようなものや同一のものが無いかと言った確認を行う必要が在ります。

代行会社を利用する方法の場合は、このような作業もお願いする事が出来るわけですが、自分で会社設立を行う場合には注意が必要です。
また、資本金の払い込み証明書は、従来では金融機関に依頼をして交付をして貰う必要が在りましたが、現在では通帳を記帳した後に、写しを取って払込証明書の書類を自ら作る方法で良い事になっています。

そのため、会社設立は代行会社に依頼をする方法だけではなく、商号の調査を初め、会社設立のための定款の作成や公証人役場での定款認証、払込証明書の作成、登記所での会社登記などを自分で行う方法も在ります。