Just another WordPress site

商号の比較

会社設立前に商号の比較を行う理由について

以前の会社設立を行う時には、会社の社名を決める際に、類似商号調査を行う事が必須になっていました。
調査を行う目的と言うのは、会社の住所が管轄になっている法務局内で、同一の会社名が存在している場合、その社名を利用して会社登記を行う事が禁じられていたからで、定款を定める際には必ず法務局の中で、これから会社設立を行う会社の社名が既に登録が行われているかどうかの確認が必要だったのです。

しかし、会社法が改正された際に、類似商号の廃止が行われており、同一管轄内に同じ社名の会社が既に登録されていても、法律上問題が無いと言う決まりに変更されました。
例えば、「株式会社ABC」と言う会社名が既に登録されている場合、従来の法律では同じ社名の「株式会社ABC」での登記を行う事が出来ませんでしたが、現在では同じ社名で登記が出来るようになったと言う事です。

同じ法務局の管轄の中に在る会社で、新しく会社設立を行った会社の社名が既存の会社名と同一になっていると、会社を利用する顧客などが迷うケースが出て来ます。
そのため、調査そのものは廃止になっているものの、会社設立を行う時にはこれから設立する会社の社名が使われているのかどうかの確認や、比較を行う必要が在ります。

比較と言うのは、類似しているかどうかと言う事であり、定款の中では商号を定めると同時に事業目的についても絶対的記載事項の中で定める必要が在りますが、同一の社名の場合でも事業目的そのものが異なるものであれば、その会社を利用する顧客も迷うことが無くなるため、会社名の調査を行った結果、同一の会社名が既に登録されていたとしても、登録されている会社の事業目的と自社の事業目的が異なることで、最初に決めた会社名で登記を行う事が出来ます。

一見、同じ社名の会社が複数存在していると混乱を招くのではないか、他の会社からクレームが来るのではないかと心配になる人もいるかと思われますが、現在の会社法の法律の中では同一の住所で同一の社名での会社登記を行うことは出来ませんが、住所が異なる事で同一の社名での会社設立や会社登記を行う事が可能になっていると言う事です。

但し、法律では良いと言われていても、同じ管轄内に新しく出来た会社が自分の会社と同じ社名を名乗っていれば顧客にも迷惑をかけてしまうと考える人も多いわけです。
しかし、社名が同一でも事業目的が異なることで顧客に迷惑をかけるなどの心配もいらなくなります。